So-net無料ブログ作成
-| 2010年08月 |2010年09月 ブログトップ

誰もしらない仕事力 (1) [仕事力]

●「作業」と「仕事」

仕事の支配者はその仕事をする人自身です。
他人事と捉え、結果として支配権を失ったその瞬間に、仕事は仕事でなくなってしまいます。
仕事の主人公はいつも自分自身だからです。

仕事には2つのタイプがあります。「仕事」と「作業」です。

仕事はいくつかの作業に分割されます。
誰かの指示に従って、自分のものとすることもなく、ただ言われるままに押し進めたその瞬間に、仕事は作業に成り下がってしまいます。
本当の仕事をするには、あなた自身が仕事を支配しなければなりません。

仕事の主人公、仕事の主体性があなた自身であって初めて、あなたは本当の意味での仕事をしていることになるのです。

作業の場合は、「何々の作業をする」というふうに、自己完結してよいのです。
自己完結することから、作業の場合は黙々と一人でやり続けることができます。

一方、仕事の場合は、基本的に「何々のために仕事をする」というふうに、目的を持ち、自己完結しません。
目的を達成しようとする行為そのものが仕事だからです。
自己完結しないということからすると、仕事はいつでも基本的にチームワークです。
いろいろな人との関わりの中で目的を追求しますから、一人で黙々となどと作業のように孤立して進めることはできないのです。




■ホーライのブログ集
http://knowledge-forest.seesaa.net/

■ホーライ製薬
http://horaiseiyaku.seesaa.net/

■医薬品ができるまで
http://chiken-imod.seesaa.net/

■ハードボイルド・ワンダーランド日記
http://hard-wonder.seesaa.net/



-|2010年08月 |2010年09月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。